« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月

今日は大会役員

11月29日(日)

審判長として行ってきます…4時に起きて,朝風呂あびて,今から電車にのります。
今日は大会役員

今日は大会役員

始発…だ。(*_*)

今日は大会役員

外は真っ暗…だ。(+_+)

平泳ぎ…9

11月28日(土)

祝!久しぶりの書き込み(笑)

「コ-チが教えた平泳ぎ選手回顧録」の5人目…「ヒ○ミ」です。

想い出深い選手の一人です。
それは…
コ-チがまだ選手コ-スを担当する前の頃、育成コ-スを担当していた時に出会った選手なんです。
「平泳ぎ」が好きで、エピソ-ドのひとつでもある、1級になる実力があるにもかかわらず4級にずっ~といましたhappy01
その理由は…
4級の進級種目が「年齢別制限タイムのある50m平泳ぎ」だったからなんです。そうなんです、平泳ぎの練習がメインということで、それだけ平泳ぎが好きだったのでしょうね。進級テストはずっ~と受けませんでしたよ。
おそらく、本人にとっては「平泳ぎ」以外は泳ぎではないように思っていたのでしょうか(笑)。

でも、そのおかげ(?)があって、じっくりと「平泳ぎ」の練習ができたことは事実ですし、その後の選手としての躍進につながったということも事実ですね。

そうそう、こんなエピソ-ドもありました。
育成コ-スなのに「日本水泳連盟競技者登録」をしていて、いろいろな大会に出場。なにしろ、選手コ-スの選手より「平泳ぎ」だけは速かったのです。まぁ~コ-チとしては「平泳ぎ」を繰り返し練習させていましたので…。
その結果10才以下で関東大会(筑波大学プ-ルで開催された関東春季)に出場して、50m平泳ぎ優勝scissorsしましたよ。まだこのときは育成コ-スで週3回1時間練習でしたので平泳ぎのセンスはあったのかな?なんて思いますね。
「好きこそモノの上手なれ」なんて言いますけど、まさにそんな言葉があてはまった感じです。

1978年(小学3年)から育成コ-スで教え、1981年(小学6年)の4月からは選手コ-スで教え、中学3年まで教えた選手です。

1983年春の全国JO(静岡県修善寺で開催…今はもうこのプ-ルはありません)に出場しましたが…その予選会での感想文のなかに、こんなことが書いてありました。 
「100mBrで大ベストが出たうえにJOに行けることとなったので、うれち-どえ-す!それにJOは東京じゃないので楽しみです!(遊びに行くんじゃないけど…) 1’20”が切れたので今はルンルンです!」
「200mBr 始めは100mBrだけがんばろう!と思っていたんだけど、100mBrがいいタイムが出て、JOに行けたからどうせJOに行くなら2種目行きたかったのでがんばったで-す!結果はとてもよかったです!」
「いかった!、いかった!」
よほど嬉しかったのか…「!」という表現がとても多くありましたよwink

これは、コ-チが目標としていた1分20秒を突破したのです。本人はまさか切れるとは思ってもいなかったようですし、まさかJOに行ける、しかも2種目(当時は50mはありませんでしたので…)JOに行けるとは考えてもいなかったようでした。
1分19秒8のタイムを出しましたが、当時20秒を切る選手は東京でも少なく、同じ年代でもコ-チの知る限りでは3人しかいなかったように記憶しています。
思えば、コ-チとしてこの時からです…「日本選手権に出場する選手を育てる」という夢を持ち始めた頃です。

1083年夏のJOは富山でありましたが、このときも100mBrと200mBrに出場しました。出場選手のなかで女子選手は彼女だけでしたので、昼の時なんか食べている姿を見られることが恥ずかしい(?)のか、皆と離れて「弁当」を食べている姿を何となく思い出します。でも、それ以外は皆と仲良かったですよ。

1983年9月のシ-ズン終了後「個人面談」では、こんなことが記録されていますね。
コ-チより…練習意欲(研究心闘争心)がほしい。約束が守れない(日にちがたつと忘れる)。
本人目標タイム…100mBrで1分17秒台。
水泳をやってきて嬉しかったこと…大会で優勝したとき。

やっぱり勝つことは嬉しかったようです。でも、目標タイムの1分17秒台はコ-チの描いていたタイムと同じでビックリしましたね。

1983年の東京都JOでは…日本中学記録に挑戦として、東京都400mメドレ-リレ-中学生代表のメンバ-一員として平泳ぎを泳ぎました。

練習嫌い、意欲がない、さぼりがち、という選手だった「ヒ○ミ」でしたが、JOに出れるレベルになってからは努力していたように思います。
コ-チとしては高校生になっても水泳を続けてほしかったけど、中学生で辞めてしまいましたが、その素質は良いものを持っていたと思います。
その後は「マスタ-ズ」の大会に出るようになり、数年ぶり、いや十何年ぶりにまた会うことができました。そうです、飲み会で…。
飲み会では、当時の話が自然と多くなりますね。

すべては「育成コ-ス」での平泳ぎ練習が始まりでした…。

紅白歌合戦

11月24日(火)

年末の「NHK紅白歌合戦」の出場メンバ-が発表されましたね~。
それを記念して(?)

こんな映像をどうぞ↓
http://www.youtube.com/v/AjHMRD1hODY&hl=ja_JP&fs=1&"></param><param





いや~年々派手になってきているのがわかりますねぇ~。
今や「紅白」の顔ですよ・・・

そして…初出場を記念してこんな画像もどうぞ↓
http://www.youtube.com/v/Xb6E8BdDGv0&hl=ja_JP&fs=1&"></param><param


ファンなら必見sign03…かな?


さ~て明日は、打ち合わせで「川崎」まで行ってきます。
そして…
平泳ぎシリ-ズはまだまだ続きますよhappy01

ナニコレ?

11月22日(日)

道路にこんなものが…177 178           

ガ-ドレ-ルで囲んだようだが、別に中にはないもない!
なんか意味あるのか?

反対側から見ると…179

ここで車はわざわざ曲がることになるなぁ~!

そして、向こう側にも…180

ガ-ドレ-ルで囲んだものが?

しかも、下の支え(コンクリ-トの土台)が傾いている…181

車がぶつかった?
夜なら、そうなるかな?

何で、わざわざこんな物が設置してあるのか…
「意味不明sign02

平泳ぎ…8

11月21日(土)

前回の「ヒ○コ」と言えば連想するのが、この選手ということで…コ-チが教えた「平泳ぎ選手回顧録」の4人目は「ヨ○コ」です。

水泳を引退する高校3年まで教えました。
1990年1月6日~7日の新春大会での100m平泳ぎと200m平泳ぎが最後のレ-スでした。
終わったあとこれで終わりと思っていたのでしょう、すご~く「サッバリ」した様子でしたがきっと心の中では泣いてweepいたんでしょうね。
そういえば…あまり涙を見た記憶がありません。
練習では誰かをはじめとしてゴ-グルの中に涙をためていた選手が良くいましたね。おっと誰のこと?・・・・心当たりの人多いんじゃない?。
男子は大学選手もいましたが、当時の女子選手は高校3年まで続けるのが少なかったです。その中で続けた一人として賞賛する値があったと思いますよ。

性格が素直で頑張る努力家、そして頭の回転が良い選手でしたねwink
学校(しかも小学校低学年)の先生か、幼稚園の保育士(その頃は保母さんと言いましたが…)が合っていそうな雰囲気を持っていましたよ。

そして…同じスタイルの「ヒ○コ」と仲が良かった。まあ~スタイルが同じだったので通じることが多かったからだろうな。コ-チのクラスに上がったのも、練習レ-ンも一緒だったし…。

記録的には…速いというまでは行かなかったが、人間性や考え方、そして何よりも努力する「前向き」な気持ちを持った選手です。

何度でもこのブログで書いたことがあるが…
記録は結果の問題、それよりもそのためにどのように努力したか?頑張ったか?という過程の方が大切だ。とコ-チは思います。

そんなことを思い出すことができる選手の一人が「ヨ○コ」という選手でしたね。

もう19年前のことです…

平泳ぎ…7

11月18日(水)

コ-チが教えた「平泳ぎ選手回顧録」の3人目は…女子選手の出番、「ヒ○コ」です。

本人は高校3年まで続けるつもりのようだったが、結局高校2年で受験勉強のため引退してしまった選手なんだなぁ~。遅咲きの選手だったが努力家で良い性格を持っていたので残念だったよ。

1988年シ-ズンの感想文に…
「キック練習のがんばりが足りなかった」「チュ-ブを腰にまわしてキックで引っ張る練習でも、すぐにチュ-ブに引っ張られてしまうdown」なんて書いてあった。しっかり自分の弱さを知っていたし、Brはキックが命ということも本人はわかっていたようだが…皆といっしょのサ-クルが間に合わない、と嘆いていたようだ。
ところで、コ-チはこの時にはもう「チュ-ブをつけて負荷をかける練習」をしていたんですね。今はチュ-ブも市販されていて良いものがあるが、当時はすべて「手作り」でしたよ。

でも、弱いと言いつつ、100mを10本、1分50秒サイクルのキック練習(ちなみに夏季合宿での長水路でした…)をまわれたことが嬉しかったようです。
また、このシ-ズンで100mを10本、1分20秒サイクルで2セットのプル練習をすべてこなすことができたことが一番嬉しかった…なんて書いてあったよ。

そして…何と言っても「ヒ○コ」との約束が想い出に残っているなぁ~happy01

それは…







タイムを突破したら「禁煙nosmoking」する約束をした?させられた?ことがあったのです。

当時100m平泳ぎが「1分25~26秒」だったのを、本人は「1分21秒5」を約束タイムにかかげたのですね。
かなり冒険的なタイムですが、「コ-チの身体を心配してくれて…」と言って約束させられましたね。

そして、そして、1989年1月15日の「JSCA新年フェスティバル」で何と…1分21秒85で泳いで優勝したんだからビックリでしたね。
前半50mを37秒8で回ったときは…あせったね。あ~これで禁煙か!なんてね。
でも心の中では約束タイムを切ってほしい?切ってほしくない?という葛藤があったことは事実です(笑)。

惜しくも0秒3足りなくて「禁煙」にはならなかったが…こういう目標をしてくれたことはコ-チとして嬉しいね。

その後、「ヒ○コ」の1989年シ-ズンの目標に…こんなことが書いてあったよ。
《今シ-ズンは100m平泳ぎで1分20秒を切り、コ-チとの約束をはたしたい。私の水泳をするうえでの一番の目標です。約束を守るまでは、やめられません。》

あ~何としても約束を達成したい気持ちが強かったんだろうな。






その後…時代を越えて、偶然なのか同じ平泳ぎ選手の「セイナ」が…コ-チとの「禁煙」約束タイムを立ててくれた。そして「ハルカ」が、「オ○ナ」がコ-チとの「禁煙」約束タイムをしてくれたな。

皆ありがとうね…。

世界新記録

11月15日(日)

が樹立されたようです。

平泳ぎシリ-ズをひと休みして大会速報です。

ヨ-ロッパ各地で行われている「ワ-ルドカップ(短水路)」のベルリン大会に参加している「酒井選手」が…
女子200m背泳ぎで2分00秒18の短水路世界新記録をだしました。

すごいタイムです。女子で2分突破も可能性大だなあ~sign03

他にも…
「加藤選手」女子100mバタフライで56秒88
「田村選手」女子100m平泳ぎで1分04秒99、女子50m平泳ぎで30秒64
「古賀選手」男子100m背泳ぎで50秒40、男子50m背泳ぎで22秒98
「寺川選手」女子50m背泳ぎで26秒13
の短水路日本新記録を出したそうです。

「田村選手」のBr04秒台突入もすごいが、「古賀選手」のBaでの50秒切りも近いのか・・・
以前はFrでこのタイムが当然だった時があったが、今やBaでこのタイムを出す時代になった。

来年からの水着規定前にタイムが出ていますねぇ~。

そうそう、短水路世界新記録も続出しているようですよ。








そして…
アメリカでは水着規定を早く対応するため10月から導入しているが、「フェルブス選手」を始め他の選手が「水着」に苦しめられているようですよ。
泳いでいる姿も浮きがなかったり、タ-ン後の動きもぎこちないように見えるとか…やっぱり「高速水着」の効果はすごかったようです。
ちなみに日本は世界より3ケ月延ばして来年4月から規定導入ですからね。
今からレ-スでの「ノ-マル水着」になれて行くことが重要になるでしょう。

「ノ-マル水着」になってタイムが伸びない、出ない、ということで、これからのジュニア選手が「私は限界なんだな」って思って「あきらめること」が生じて、水泳から離れないようにしたいものですね。コ-チにとっては、こういう精神的なフォロ-も今後必要になってきますね。

平泳ぎ…6

11月14日(土)

寒い!何か冬が間近って感じだ!

さ~て…コ-チが教えた「平泳ぎ選手回顧録」の二人目は…「ト○カ○」です。

「えっ?コ-チは教えていたの?」と思う人がいるかもしれませんが、しっかり教えていましたよ。1991年4月からコ-チのクラスに上がってきました。もう18年前のことですよ。
まあ~とにかく一言で言うと…「スプリンタ-」ですね。
某タツキも負けてしまうくらいですよ。

とにかく50mは強かったです。ハンフリ(50m自由形)とハンブレ(50m平泳ぎ)でJO出場しましたよ。
でも、メドレ-リレ-や将来のことを考えると…
やっぱり100mも強くなけりゃ!っていう結論に達して、練習はそれなりのことをしましたね。
コ-チのクラスに上がる前からスタイルがBrでしたが、平気で100mのキックが1分40秒かかってしまう(もちろんBrのキックで…)くらいキックが弱かったdown。「Brはキックが命なんだなぁ~」って思っていたのか?って思うくらいだったよ。

その後キックも強くなって…100mのキックを2分サイクルで1分24秒台でまとめられるようになったね。
ある日の練習メニュ-を見てみたら(ちなみにコ-チは1977年からの練習メニュ-を残してありますので…)、
400mキック(もちろんBrで…)を5分47秒できたもんね!!
スイムでも、50mを12本のメニュ-で33秒台でまとめられるようになったねup
そしてsoon練習中でも100mを1分09秒台で来れるようになったからなscissors

高3まで教えて…50mを31秒、100mを1分07秒まで記録をのばした(当時としては速いと思うよ)が、やっぱり一番のエピソ-ドは…








キック100mを8本(もちろんBrです)、2分サイクルでのディセンディングを行ってから、さらにキックで50mを制限タイム付き12本、1分サイクル(当然これもBrです)の練習で…





制限タイムを切れなくて…






最終的に16本追加したことがあった。





1993年5月31日(月曜日)の出来事です。

泳ぎといえば…上下動のない泳ぎだったのでスピ-ドがあったのだと思いますよ。ただし、スタ-トがお世辞でも「上手い」と言えなかったなぁ~。結構、抵抗が生じる入水でしたからね。
スタ-トが上手ければ、持久力があれば…50mで30秒台、う~ん上手くいけば30秒を切るかな?なんて思うときもあったくらいだからな。

さらにエピソ-ドとして…とうとう200mのレ-スはコ-チの記憶では生涯2回しか泳いでいません。

さ~て次回は○○○の番かな?○○○○の番かな?
続きますよwink

平泳ぎ…5

11月11日(水)

おっ今日は「ポッキ-の日」ではないか(笑)…と関係ないことから書き込むのはなんともいえないなぁ~happy01

さ~て、時代の流れと共に「平泳ぎ」が進化してきたことを理解してもらえたかな?
ということで…動画はひと休みして、コ-チが教えた「平泳ぎ選手回顧録」をしてみよう。

さ~て、どんな選手が出てくるやら…です。

最初の登場選手は…「○キ○ブ」です。
11才の時に他のクラブから移籍して、中1になった1983年4月からコ-チのクラスになった選手ですが、平泳ぎのエピソ-ドがあるんだなぁ~・・・

ひとつは…クラブ対抗という大会をひかえてメドレ-リレ-の平泳ぎを誰にするか?という難題(?)になった時のこと…
当時は特にスタイルが平泳ぎという選手がいなかったので、自由形の選手から候補者3名を選び練習後「ガチンコレ-ス」を実施。結果は「○キ○ブ」が勝ったので、即、有無を言わさずメドレ-リレ-の平泳ぎを泳ぐこととなった。
こんな決め方で良いのか?なんていう天の声がきこえそうだが…、これが平泳ぎ選手へのスタ-トだったのだろうな。
でもレ-スでは優勝することができたので「良かった~」と思うよ。

さらに、もうひとつ…彼が高校生になった頃は、選手が通っていた高校が東京都や千葉県、神奈川県とバラバラで大会日程が違うために、インタ-ハイ予選(都大会や県大会)などの調整を組むのには苦労した。
ある日の練習で、県大会(彼は千葉県の高校でした…)の種目が決まったということで彼から話があったが、その時の会話を再現すると…
(選手)…「コ-チ、種目が決まった。イチブレ(100m平泳ぎ)だ。」
(コ-チ)…「そうか、いいんじゃない。」「で、もう1種目は?」
(選手)…「センゴ(1500m自由形)。」
聞いたあと、しばし無言状態が続く…
(コ-チ)…「えっ、センゴ?」
その後は笑うしかなかった。

コ-チのクラスに移ってから400や1500のレ-スにも出場することがあったので、本人はさほど気にしてなかったようだか…種目が違う、距離が違う、ということは何をメインにして練習すれば良いのか?という、コ-チを悩ませる問題がこのあと続いたことは事実ですよ。

他のクラブにライバルがいて、いつもお互いに意識しあっていた彼をその後高3まで教えたが、数年後のある大会で挨拶にきた彼は…コ-チになっていたんです。
その時、彼が他の仲間のコ-チに言った一言が今でも記憶に残っていますね。
「目標は○○コ-チ(←コ-チのことです)なんだ」…教え子がコ-チになったということも嬉しかったですが、この一言も嬉しかったですよ。

そんな彼がコ-チのクラスになった最初のシ-ズン(1983年)の「目標タイム」に書いてありました。
「練習を一生懸命やって、皆について行きたい」
いいねえ~、この気持ち。すべてはこの言葉から始まるんだな。



さ~て次回は誰?

平泳ぎ…4

11月8日(日)

動画ではオリンピックでの平泳ぎが続いたので、今回は去年(2008年)の埼玉インタ-ハイでのレ-スを見てください。

女子100m平泳ぎ予選↓
http://www.kizunakatsudo.jp/vod/vod.php?id=031a-04203-080820-407

女子100m平泳ぎ決勝↓
http://www.kizunakatsudo.jp/vod/vod.php?id=031a-04203-080820-411

男子100m平泳ぎ予選↓
http://www.kizunakatsudo.jp/vod/vod.php?id=031a-04203-080820-408

男子100m平泳ぎ決勝↓
http://www.kizunakatsudo.jp/vod/vod.php?id=031a-04203-080820-412

まだ去年はノ-マル水着の選手もいたね~
来年はまたこんな感じにもどるのでしょうか?

なんていうコメントは余談で…どうですか?オリンピックでの「田口選手」や「長崎選手」の時と比べると、かなり違ってきていますね。

う~ん、やっぱり「平泳ぎ」は奥が深いよ。
それだけテクニックが必要ですね~。





次回からは、コ-チの教えてきた「平泳ぎ選手」回顧録をのせようと思っています。さ~てどんな選手が出てくるでしょうか?

まだまだ続くよ~scissors

平泳ぎ…3

11月7日(土)

ブログがこの頃「飛び石更新?」になっているなあ~と思いつつ、「平泳ぎ」の3回目だ!

どうですか?時代が違うと泳ぎも違うっていうのをわかってくれたかな?
「平泳ぎはこんなに変化しているものなんだよ~」って叫んじゃうよ(笑)

さ~て今回は…
1984年の「ロスアンゼルスオリンピック」での「長崎選手」の出番だ。
メダルを期待されながら取ることができなかったけれど、期待が強くプレッシャ-がすごかったのだろうな。
今の選手や日本チ-ムと違う、当時は雰囲気があったようだからなぁ~。
でも、小学6年で日本選手権で優勝したり、代表選手になったり、今では考えられないものがあった。

では、ご覧くださいhappy01
http://www.youtube.com/v/leYc-yri8rM&hl=ja&fs=1&"></param><param

気付きましたか?「長崎選手」はゴ-グルをかけていません。
あっ前回の「岩崎選手」もゴ-グルをかけていなかった…。

今ではゴ-グルなんて当然のように思うが、当時はこんな感じだったんだな。
そうそう、コ-チも現役の時にはゴ-グルをかけていませんでしたよ。






てか、ゴ-グルなんてあったっけ?

4に続くよ~soon

平泳ぎ…2

11月4日(水)

前回の動画を見てくれましたか?
今の泳ぎと比べても、いや~本当に「平泳ぎ」っていう泳ぎは進化しているのですねぇ~up

コ-チも「平泳ぎ」を教える時には苦労していました。
初心者では…足がかえらないよ~
選手では…スピ-ドを出すための効率良い泳ぎとは何だ~

ってな感じでね。

それだけ「平泳ぎ」は技術(テクニック)を必要とする泳ぎなんですよ。
良かったですねぇ~、スタイルが「平泳ぎ」ではなかった選手は。
な~んて言ったりして失礼!!!

そして、今回は↓
http://www.youtube.com/v/ALlruhIqDTk&hl=ja&fs=1&"></param><param

記憶にある人もいると思うが、1992年のバルセロナオリンピック大会のレ-スです。
「今まで生きてきたなかで一番幸せ」なんていう言葉をもらした「岩崎さん」…当時は中学生だったのですよ。

ミュンヘンオリンピック(田口選手)から比べると泳ぎも変わってきました。
今のような泳ぎではないですが、効率良い泳ぎをしていますねぇ~。
彼女に合った泳ぎだと感じますよ。

では続きは…その3でsoon

平泳ぎ…1

11月2日(月)

「水泳ネタ」から離れていたので…復活だsign03

と言いながら、何にしようか迷ってしまうのが現実。
さ~てどうしようか?と思っていたが…復活第一号はこれにした。

【平泳ぎ】

その1回目のはじまり、はじまり、ですよ。

コ-チが思うに、四泳法のなかで一番泳ぎが進化しているのは…「平泳ぎ」だろうな。

ミュンヘンオリンピック(1972年)で「田口選手」が世界新記録で金メダルを獲得したが、その映像をあらためて見てみると、やっぱりその進化を感じるよ。

その映像↓
http://www.youtube.com/v/xUcPjvg6dyc&hl=ja&fs=1&"></param><param

どうですか?
当時の平泳ぎと今の平泳ぎの違いがわかりますか?

その2に続くよhappy01

今日から11月

11月1日(日)

さ~て今日から11月…今年もあと2ケ月だけとなったなぁ~sign03

ということで、11月になったということと関係ないけど、
ブログの背景(デザイン)を「ビ-ルbeerからブックbook」に変えたよ~happy01

ところで…11月は何かといそがしいな!
「健康診断」「免許の更新」「大会打ち合わせ→大会開催」「部屋のかたづけ?」etc…

12月は、師が走る→「師走」というが、
11月は、コ-チが走る→「??」にしようかなdash

あっ…ブログが日記風になってきている。
マジに(←死語)に「水泳ネタ」にもどそうかな、と思う11月のスタ-トです。

そうだ!
「ナホコ」から「Baby誕生」のメ-ルが画像付きで届いた。
もう母親とは…スイミングで教えていた頃を思うと、何か複雑な気持ちがあるなぁ~
「母は強し!」と言いますが、おめでとう…ですね。

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »