« 時間 | トップページ | ひとりごと »

東アジア大会

12月4日(金)

東アジア大会の競泳が6日から「香港」で始まります。Photo_2

今年最後の国際大会ってことは…高速水着を着ることができる最後の国際大会なんですね。
この時期は量的に上げている時期ですが、代表選手はどうなんでしょうかね?
調整は?
記録は?

そういえば…
あまり報道されていなかったように思えたが、アジア選手権がありました。
大会名からすると、「東アジア大会」より「アジア選手権」の方が上のように感じますが、、「東アジア大会」は総合大会でありJOC(日本オリンピック委員会)管轄なんですよ。

ところで…4月からの水着に関して「日本水泳連盟」から発表がありましたね。
以下はその発表されたものです。

2010年4月1日より
『日本水泳連盟ならびに加盟団体が主催する競技会(公式競技会)と公認された競技会(公認競技会)において着用する水着は下記の通りとする。』

(1) 水着の形状(身体を覆う範囲)は次の通り。
イ) 男子はへそを超えず、膝までとする。
ロ) 女子は肩から膝までとする。ただし首、肩を覆うことはできない
(2) 重ね着は、禁止。着用できる水着は一枚のみとする。
(3) 水着あるいは身体へのテーピングは禁止とする。
(4) 素材は繊維のみとする。(ラバー及びパネルを貼ったものは不可)

国際水泳連盟(FINA)の承認を受けていないものでも構わない。(ただし形状・素材は守ること)
但し、世界新記録、日本新記録(高校~学童新記録を含む)の公認は、すべて国際水泳連盟(FINA)に承認された水着であることを条件とする。

(理由)
国際水泳連盟(FINA)に承認された水着が、すべての競技者に直ちに供給されることは、難しいと考え、暫定的に国内規則を設ける。2009年以前に販売された水着でも使用可能とする。
本規則の適用期間は平成22年4月1日より平成23年(2011年)3月末までとする。

(参考資料)
国際水泳連盟(FINA)の水着に関する決定事項は下記の通り(2009年7月24日)
(1) 水着の形状(身体を覆う範囲)は次の通り
イ) 男子はへそを超えず、膝までとする。
ロ) 女子は肩から膝までとする。ただし首、肩を覆うことはできない。
(2) 重ね着は、禁止。着用できる水着は一枚のみとする。
(3) 水着あるいは身体へのテーピングは禁止とする。
(4) 素材は繊維のみとする。
イ) 素材の厚さを最大0.8ミリとする。
ロ) 浮力の効果を0.5ニュートン(N)以下とする。
ハ) 透過性最小値は80l/㎡/秒とする。尚、計測は素材を上下左右に25%伸ばした状態で行われる。
ニ) テストは必ず科学者チームにより、科学的方法で行われる。
ホ) 認可テストの後の修正・改造は禁止する。










さ~て、そろそろ「コ-チの教えた平泳ぎ選手回顧録」を再開しましょうねhappy01
今度は誰かなwink

« 時間 | トップページ | ひとりごと »

水泳」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/539802/46930739

この記事へのトラックバック一覧です: 東アジア大会:

« 時間 | トップページ | ひとりごと »