« 終わりました | トップページ | 11/3東京年齢別大会 »

昭和の時代がまた終わる

10月23日(土)

「ソニーが1979年7月に発売したカセット式のウォークマンの生産が、4月にすでに終えていたという。店頭の在庫がなくなり次第、姿を消すことになる」…というニュースが22日発表された。
これで、カセットテープ式の携帯音楽プレーヤー「ウォークマン」の国内販売が終了したということになった。

あぁ~またひとつ昭和が終わったようだ。

音楽を外に持ち出して聴くスタイルを生み出して世界中で大ヒットした「ウォークマン」。販売台数はなんと約2億2000万台だとのこと。
でも今では、技術進歩とともにカセット式からCD式やミニディスク(MD)式、デジタル式へと変わってきて、今ではインターネットを通じて音楽配信を受けるデジタル式が主流になり、「iPod(アイポッド)」との競争も激しい状況だ。

これが初代ウォークマンPhoto_2懐かしく感じる人も多いでしょう。

と言うより…小学生や中学生に、これを見せてもわからないそうだ。
何の機械?何に使うの?カセットって何?
という言葉が返ってくる(笑)。

« 終わりました | トップページ | 11/3東京年齢別大会 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/539802/49819889

この記事へのトラックバック一覧です: 昭和の時代がまた終わる:

« 終わりました | トップページ | 11/3東京年齢別大会 »