« 1秒の世界 | トップページ | ライアン・ロクテのルール »

柔道で中高生114人死亡

1月18日(水)

タイトルのような記事があり気になったので…

学校での柔道事故を巡っては、受け身の習得が不十分なまま投げ技練習に参加したり、頭を打った後に適切な救急措置を受けられなかったりした生徒が死亡するケースが後を絶たない。
名古屋大の内田良准教授(教育社会学)によると、柔道事故で死亡した中学、高校生は1983~2010年度の28年間に全国で114人(中学39人、高校75人)。中高ともに1年生が半数以上を占め、計14人が授業中の死亡例。また、後遺症が残る障害事故も83~2009年度で275件あり、3割は授業中だった。
中学の部活動における競技別の年間死者数(2000~09年度の平均、10万人当たり)を見ると、柔道が2・376人で、2番目のバスケットボール(0・371人)に比べても圧倒的に多い状況だった。死亡原因の大半は頭部外傷で、内田准教授は「首の筋力などが未発達なうちに、安易に立ち技や乱取りを行わせるのは危険」と警鐘を鳴らす。(読売新聞)

201201175179891n

柔道での死亡がそんなにも多いとは知らなかった。
ちなみに水泳はベスト10にも入っていません。

« 1秒の世界 | トップページ | ライアン・ロクテのルール »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/539802/53763531

この記事へのトラックバック一覧です: 柔道で中高生114人死亡:

« 1秒の世界 | トップページ | ライアン・ロクテのルール »