« JOC予選前 | トップページ | 東京マラソン »

JOC予選

2月26日(日)

今日は辰巳で…
Img_0729_3 Img_0722_3
が開催。
Br選手△△が50m平泳ぎに出場。
Img_0719アップ開始前、選手入場後の様子。館内には「AKB48」の歌が流れた。これも時代を反映しています。

△△のタイムは高速水着のときのベストタイムに0秒33届きませんでしたが、1月7日に出したタイムを更に0秒16更新する

高速水着後のベストタイムsign03

でも、本音を言えば…もう少し速いタイムをねらっていました。
というのは、昨日まで練習メニューを渡しておいたのでそのメニューを行っていればタイムが出るという、コーチとしての自信がありましたからねhappy01
まあ~結果としては予定どおりタイムを更新しましたからOKscissorsかな。

レース後、△△と半分だけの握手をしたが…何で?という様子だったので理由を説明。久しぶりの笑顔を見せてくれましたよ。
やっぱり悔しい顔despairより笑顔lovelyを出せるレースが一番ですね。
とにかく、この笑顔があるからコーチできるのです。

撮影したビデオを見ながら分析したレース展開は…
前半25mを今までの最速タイムで入りストローク数は予定どおりの11。ターン動作が速くなりうまくなりました。あれだけ「ターンスプリント」をやりましたからね。
隣の選手に身体半分遅かったのがターン後の浮き上がりで追いつきましたからね。
前回のレースではタッチした手が水面上に出ている…ということを話したが、今回はしっかり水面ギリギリでタッチしていましたよ。わずかな違いだが無駄な動きをなくして、最短距離で行くことが、100分の1を競う競泳だからこそ大切にしなくてはならない部分ですからね。
後半は13ストローク。最後の1ストローク分の「かき」よりキックを強くけり、伸びた方が良かったかな?と思いました。かきこんだ分身体が上にあがり、タイムロスしたかな?って感じです。そうすると0秒2速くなったと思います。
でも腕が届いたかな?とも思いますね。やっぱりストリームラインが大切なんです。そうなると△△の弱い部分である「肩甲骨の使い方」がポイントですね。
ストレッチ不足?補強が一番だな。

3月のレースでは結果を出せるようにしたいですね。いや出せるでしょう。

ところで…競技役員として来ていたモエカに久しぶりに会った。
3月には大学卒業です。中学2年のときに出会ってから、もう10年近くすぎたのですね。彼女もBr選手でした。何か本当にBr選手が多いこと(笑)。
当時教えていた選手のモエカを含めたメンバーは大学卒業ってわけです。
会っていない人はどうしているのかな?とつくづく思いますね。

« JOC予選前 | トップページ | 東京マラソン »

水泳」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/539802/54084034

この記事へのトラックバック一覧です: JOC予選:

« JOC予選前 | トップページ | 東京マラソン »