« 日本人の知らない日本語 | トップページ | 関東春季東京都予選前練習1日目 »

やるしかない

3月20日(火)

ロンドンオリンピック代表選手選考会を兼ねた「オーストラリア選手権」が開催中。復帰してオリンピック目指していた「イアンソープ選手」は…残念ながらダメでした。

200m自由形は準決勝で敗退
100m自由形は予選21位
ってことで、決勝進出ならず…。

大会前に「無理だろう」ってコメントしていたが…

たしかに壁は厚いだろう。
でも、挑戦する姿勢は学ぶべきことがある。

今度の土曜日には「関東春季東京都予選」がある。
△△は100m平泳ぎに出場して東京都代表に挑戦する。
わすが1秒差に4~5名の選手がいるので、本当にやってみないとわらない。
でも可能性がある。自信もある。

日曜日の練習後、△△に予選突破のことを聞くと…
「やってみせる!!dash」と言っていた。
よっしゃ、この意気込みが大切なんだ。コーチとしても、かなえてあげるな。

思い起こせばセイナと同じ年齢で同じ種目だ。あの時も、今回同様かなり厳しい条件だった。
「コーチの練習をやっていれば通過できる」
「やる前から結果を作っちゃだめだ」
「やってきたことに自信をもたなきゃ」
…なんていつも言っていた。
その結果7_013_2ゴール後に不安そうにタイムを見て…順位やタイムがわからなかったらしい。7_014コーチの方を見て…実はこの時にコーチの「バンザイ」している姿を見たそうです。それでわかったと後で話してくれました。7_017そして…結果はこのとおりでした。7_010そのレース…ベストタイムを1秒5縮めた泳ぎです。

さあ~水、木、金の練習で、最後の追い込みをかけますよ。

「挑戦」です。 

« 日本人の知らない日本語 | トップページ | 関東春季東京都予選前練習1日目 »

水泳」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/539802/54263556

この記事へのトラックバック一覧です: やるしかない:

« 日本人の知らない日本語 | トップページ | 関東春季東京都予選前練習1日目 »