« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月

サヨナラ2012年

12月31日(月)

2012年最後の日…大晦日です。
今年もいろいろなことがありましたが、早い1年というものを実感しましたね。

ところで昨日の夜はImg_1957コーチがスイミングで教えた選手たちが集まって、ここで今年最後の忘年会beer
新潟や大阪などに住んでいる者も集まり、飲み食いでした。
皆さん、今年1年ご苦労様でした。今やマスターズチームを結成して大会参加していますが、来年も健康のため、自分超えのため、頑張ろう…ですねhappy01

ところでこの店には…Img_1958 Img_1959 Img_1960 が貼ってあり、安いし、昭和レトロがいっぱいです。
平成も早いもので来年は25年。生まれた赤ちゃんも25才となる年ですよ。
だからこそ、昭和時代を楽しむことが必要なのかな?

てなわけで…
今年1年、このブログを読んでいただいた方にお礼を申し上げるとともに、来年もよろしくお願いします。

あっ、顔本(Face book)も11月から始めましたよ。
気になる方は連絡ちょうだいね。

では皆さんsign01良いお年をお迎えくださいsign03

背泳ぎ用ブロック

12月29日(土)

今日から年末年始の休みsign03
だが…まとめなければならない仕事があり、家に持ち帰り(笑)。

さて水泳界の話題をひとつ…。

ブロック付きのスタート台は定着してきましたね。
今度は背泳ぎ用です。Photoまだ試作段階だそうです。
沈んでいるバーに足を置く感じですね。Photo_2今月開催された「世界短水路選手権」で、サブプールに設置されていたようです。

はたして普及されるかどうかsign02

つぶやき

12月27日(木)

今年の仕事も明日の金曜日で終わる。
今年も1年が短かったな。

とかなんとか言っても、片付けやっていない(笑)や年賀状書いていない(泣)。

そんな木曜日の夜のつぶゆき…でした。

クリスマスイブ

12月24日(月)

今日はクリスマスイブsign03
やっぱりこの曲notesが似合う日だねhappy01
http://youtu.be/n1IIHAQroVY

そして…みなさんへ
Pxmas_night1_2

辰巳

12月23日(日)

今年の干支は…「辰」
来年の干支は…「巳」

ってことは…「辰」→「巳」

うん?「辰巳」ですか?

プールは現在工事中ですが、辰巳ですね。
ブレイクしないのかな?

今年の1文字

12月22日(土)

毎年恒例の今年を表す1文字が決まったね…「金」です。

たしかに今年は「金」に関することが多かったようだ。
ということで…「金(キン・コン/かね・かな)」が表す2012年を振り返ってみようぜ。

「金」に関する天文現象
932年ぶりに日本の広範囲で観測された金環日食に始まり、6月には21世紀最後となる金星の太陽面通過、そして8月には金星食があった。

数多くの「金」字塔
世界一の自立式電波塔として東京スカイツリーの開業。
ロンドンオリンピックで、金メダルを含め日本史上最多の38個のメダルを獲得。
レスリング吉田選手が国民栄誉賞を受賞。
iPS細胞の研究で、山中教授が金メダルに等しいノーベル賞受賞。

「金(かね)」をめぐる問題の表面化
年金資産運用に関連した詐欺事件の発生。
生活保護費の不正受給問題。
消費税増税を中心とした財政問題。
東日本大震災の復興予算の使途をめぐる問題。

たしかに、いろいろあったようだ。

でもコーチには「金」は無縁かな(笑)。

ということで…皆さんの1文字は何ですか?
良かったらコメントくださいね。

ロクテ選手がやったこと

12月18日(火)

世界短水路選手権が終わり、日本チームは金メダル2個獲得しましたね。
そんな中で、ロクテ選手(アメリカ)の話題が出ている。というより、すばらしいことかも…。

以下、AFP=時事より…。

ファンにメダルを渡すロクテ、理由は原体験に【写真】ファンの子供に金メダルを贈るロクテ
トルコ・イスタンブールで行われた第11回世界短水路選手権2012の男子100メートル個人メドレーで優勝したライアン・ロクテから金メダルを贈られた地元のファンの少年(2012年12月16日撮影)。

トルコ・イスタンブール(Istanbul)で開催された競泳、第11回世界短水路選手権2012(FINA Short Course World Swimming Championships 2012)の6種目で優勝を果たした米国のライアン・ロクテ(Ryan Lochte)が16日、獲得したメダルをファンに贈ったきっかけは、幼少時代に有名選手から冷たくあしらわれたことだと明かした。

アメリカ・ニューヨーク(New York)出身、28歳のロクテは、16日に同大会の男子100メートル個人メドレーで優勝し、さらにアンカーを務めた4×100メートルメドレーリレーでは米国を金メダルへと導いて、自身大会6つ目の金メダルを手にした。

獲得したメダルは全てファンへ贈ると明かしたロクテのプール外での気前の良さは、同大会でみせた競泳中の勇姿に匹敵する。

「子供のころ、誰とは名前を挙げませんが、ある有名な五輪選手に憧れていました。ある時、その選手にサインを求めたら、彼にノーと言われました。その時8歳だった私は、心を打ち砕かれてしまいました。サインを求めた時、その選手は集中力を高めているわけでも、準備しているわけでもなく、ただエレベーターに乗っていただけだったんです」

「宿泊先のホテルの部屋に戻って、『どう? サインもらえた? 』と尋ねてきた両親にもらえなかったと告げました。そして、もし自分がその選手と同じ立場になったら、サインをしてあげるんだと両親に言ったことを覚えています」

ロクテはこれまでに出場した世界短水路選手権で、20個の金を含む通算30個のメダルを獲得している。

そうなんですよ、皆オリンピック選手の姿を見て、あこがれているのですね。
8歳ながら、心にずっしりと残ったのでしょう。
そんな彼が今度は逆の立場になったわけですね。
賞賛しますannoy

子供たちについて話しました

12月17日(月)

昨日、衆院選があったというわけではないが…
1週間前の日曜日に「某国会議員」と話をした。

内容は…

子供たちのこれからについて(というと大げさであるが…)である。

増税というものが話題となっている今、もし消費税率が上がれば、企業としては税率がアップした分を今の価格に上乗せるしかない。
例えばスイミングクラブなら会費に上乗せするだろう。アップした分を企業が負担することはないだろう。
となると、家庭での負担が大きくなり、スイミングをやめてしまう子が出てくる。

今の子供たちは、塾や他の習い事(スイミング、体操、ダンスなどのスポーツと習字、そろばんなどの文化系)を多く掛け持っていて忙しい毎日だ。とかくスイミングを習っている子が統計上では一番多いし、親としても習わせたいもののNo1でもある。
でも増税で負担が多くなると、塾ではなく、スポーツ系を辞めさせられる傾向が強い。最終的に残るのが塾であろう。

そうなると…水泳を習いたい、続けたいという気持ちがある子も水泳から離れてしまう。もしかとしたら、将来ある水泳選手をつぶしてしまう、その目を育てることができなくなる、ということも想定できるだろう。
これは他のスポーツにも言えることだと思う。

スポーツというものは「文化」でもある。今年のようにオリンピックがあると、スポーツが勇気づけてくれるし、夢を与えてくれるし、元気を生み出してくれる。
そのスポーツを続けたい、やりたいという子供たちの夢や元気をなくすことは、これからの日本発展を思うと、考えなければならない要因がいっぱいある。

高齢者のことは大きく取り上げていて大切な課題だろうが、子供たちのことも真剣に考えるべきことだと思う。せったいに子供たちが「ゼロ」になることはないからこそ…。

コーチは言いました。
物を購入して消費しての「消費税」は納得できる。しかし、それを会費やスポーツ関連などには「消費税」から切り離してほしい。
例えば、税率を今のままに据え置くか、下げるかなどして「教育税」という新たなる名目ができないだろうか。
少しでも家庭での負担をなくして、水泳(に限らず…)を続けられる環境づくりをすることで、将来ある子供たちの未来を創造してほしい。と願っている。

スポーツしているときの子供たちの眼を真剣に見たことがありますか?
それはとても輝いていますよ。
スポーツしている子供たちは皆「夢」を持っていますよ。その「夢」をつぶしてはいけません。

そんなことを話しましたね。
とても真剣に聞いてくれ、コーチの言うことに対しても共感したようです。

今後、国会などでこんな内容のことが取り上げられるようになったら…
「あ~、そういえば、どこかのコーチがそんなことを言っていたなぁ~」って思い出してくれると嬉しいですよ(笑)。

12月16日(日)

「ドアの向こうに夢があるなら、ドアをたたき続けるんだ。」
そうですね、継続することで「夢」がかなうんだな。

目標でもあり、夢でもあり、それがあるから今を生きていられる。今を頑張ることができる。
継続することで、自分の手に引き寄せることができるはずだね。

就活を続けている皆、受験をむかえる皆…そして目標に向かっている皆。
ドアをたたき続けようぜhappy01

久々の練習

12月14日(金)

12月もあと半月となった今日は…△△の午前練習を実施。期末テスト期間や受験などがあり、久しぶりの練習でした。

「本人も3週間ぐらい泳いでいない」と言い、コーチもそれは想定していたので…
前半は泳ぎの確認や感覚をつかむためのドリル練習、後半は負荷をかけすぎず持久系練習という、90分で4000m超えの軽い練習内容でした。

が、プル800(50Fr-50IMO)後は肩で息をしていましたよ(笑)。
でも練習後の会話では、
コーチ:「泳いでどうだった?」
△△:「すっきり!!した」
だってhappy01

良かったねえ~、良かったよ~(もう中学生風に…)。

コーチも楽しい時間を持てたね。
やっぱ選手を教えているときが一番だねwink

121212

12月12日(水)

100年に一度の…

2012年12月12日が終わる。

今度は100年後の、3012年12月12日だな(笑)。

すっきり

12月11日(火)

日曜日に、ある国会議員の方と、コーチが思っている今の政局や子供の教育について話した。
内容は今度書き込むとして…話して胸の内がすっきりしたねhappy01

現役続行

12月11日(火)

松田選手が現役続行そして久世コーチと決別。
以下スポニチより

ロンドン五輪の競泳男子200メートルバタフライで2大会連続の銅メダルを獲得した松田丈志(28)=コスモス薬品=が11日、東京都内で記者会見し「もう一度世界一を目指す」と現役続行を表明した。今後は東京に活動拠点を移し、日本代表ヘッドコーチを務める平井伯昌氏(49)の指導を受けることも明らかにした。

 24年間教わった久世由美子コーチ(65)とのコンビを解消するのは「違う環境に飛び込むことが大事だと思った」から。来夏の世界選手権(バルセロナ)に向け、12日に本格的な練習を開始する。

 松田はビニールハウスのプールで有名な地元、宮崎県延岡市の東海SCで、久世コーチとの二人三脚で世界屈指のスイマーに成長した。「資金も施設も何もないところからここまできた。すごいことをやってきたと思う」と涙ながらに語り「(久世コーチは)いろんなことを犠牲にして育ててくれた。すごく感謝している」と声を詰まらせた。

 久世コーチは「24年間夢を持たせてくれた。ずっと一対一でやってきて苦しさがあったと思うが、それがバネになると思う」とまな弟子にエールを送った。

24年間指導してきた選手との別れは、一言にその気持ちを表現できないだろうな。
コーチも指導してきた選手との別れを数多く経験してきたが、やっぱり悲しいし寂しい気持ちがいっぱいだった。
選手を引退なら「長い間お疲れさん」という言葉をかけられるが、中途半端に終わり、まだまだやり残したことがある選手に対しての寂しさは多大なものであったな。

以前のブログにも書いたが…
コーチの「選手の一生を面倒みる」という考え方を持っている限り、寂しさはついてまわるのかな?

昨日から今日

12月9日(日)

昨日の夜は…スイミングで教えた選手の忘年会に参加。仕事が終わってからだったので間に合うか?だったが、なんとか途中から参加できた。
1時間あまりかな?皆と飲み合いbeer、楽しい時間を過ごしましたよ。

途中の電車の中で、ミホコから催促の電話があった。
「コーチ~早くしないと終わっちゃうぞ!!」「来て、来て、来て~!!」なんていう悲痛な叫び声(笑)だったなhappy01

コーチが着いた時は、セイ○の結婚話?で持ちきり。
そろそろ秒読みですか?

そんな翌日の今日は…△△が月曜日まで期末テストのため練習がないので、午前中はパソコンとにらめっこwink。午後はちょっとした買い物へGOdash
まあ~のんびりした一日だったよ。

12月ですので「忘年会」が多くなるな(笑)。

おすすめ…です

12月7日(金)

素晴らしい出来ですよ。
よかったら見てください

http://www.youtube.com/watch?v=MBevwxmxd_M&feature=player_embedded

来年の夏JO

12月6日(木)

来年の夏のJOは…

中学生(13才)以上は、自由形以外の50m種目がなくなるらしい。

ずっ~と前(20数年前?)は今回のようになかったが、50m種目が公式レースとなってからはJOに限らず、日本選手権でも実施しており、定着してきたが…。
どうして?

う~ん、参加人数を減らすためかな?

50mに勝負をかけていた選手、さ~てどうする?

ネタきれ

12月3日(月)

気がつけば、12月も3日が過ぎた。
街はクリスマスモード、そしてお正月の話もちらほら出始めてきている。

と言いつつ…
△△との練習がテスト勉強中のためお休みしているので「水泳ネタ」がない(笑)。
やっぱり気持ちはコーチだねhappy01。指導しているときが一番楽しいよ。

ということで…ネタがないのでこんな写真をどうぞlovely 37年前のコーチです。コーチになって1年目の頃です。
誰ですか?別人だって言っている人は…。
本邦初公開ですよ。まあ~秘蔵写真ですな(笑)。

Photo

ということは、ここに写っている子供たちは今では40才超えているってことだよね。

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »