« 子供たちについて話しました | トップページ | 今年の1文字 »

ロクテ選手がやったこと

12月18日(火)

世界短水路選手権が終わり、日本チームは金メダル2個獲得しましたね。
そんな中で、ロクテ選手(アメリカ)の話題が出ている。というより、すばらしいことかも…。

以下、AFP=時事より…。

ファンにメダルを渡すロクテ、理由は原体験に【写真】ファンの子供に金メダルを贈るロクテ
トルコ・イスタンブールで行われた第11回世界短水路選手権2012の男子100メートル個人メドレーで優勝したライアン・ロクテから金メダルを贈られた地元のファンの少年(2012年12月16日撮影)。

トルコ・イスタンブール(Istanbul)で開催された競泳、第11回世界短水路選手権2012(FINA Short Course World Swimming Championships 2012)の6種目で優勝を果たした米国のライアン・ロクテ(Ryan Lochte)が16日、獲得したメダルをファンに贈ったきっかけは、幼少時代に有名選手から冷たくあしらわれたことだと明かした。

アメリカ・ニューヨーク(New York)出身、28歳のロクテは、16日に同大会の男子100メートル個人メドレーで優勝し、さらにアンカーを務めた4×100メートルメドレーリレーでは米国を金メダルへと導いて、自身大会6つ目の金メダルを手にした。

獲得したメダルは全てファンへ贈ると明かしたロクテのプール外での気前の良さは、同大会でみせた競泳中の勇姿に匹敵する。

「子供のころ、誰とは名前を挙げませんが、ある有名な五輪選手に憧れていました。ある時、その選手にサインを求めたら、彼にノーと言われました。その時8歳だった私は、心を打ち砕かれてしまいました。サインを求めた時、その選手は集中力を高めているわけでも、準備しているわけでもなく、ただエレベーターに乗っていただけだったんです」

「宿泊先のホテルの部屋に戻って、『どう? サインもらえた? 』と尋ねてきた両親にもらえなかったと告げました。そして、もし自分がその選手と同じ立場になったら、サインをしてあげるんだと両親に言ったことを覚えています」

ロクテはこれまでに出場した世界短水路選手権で、20個の金を含む通算30個のメダルを獲得している。

そうなんですよ、皆オリンピック選手の姿を見て、あこがれているのですね。
8歳ながら、心にずっしりと残ったのでしょう。
そんな彼が今度は逆の立場になったわけですね。
賞賛しますannoy

« 子供たちについて話しました | トップページ | 今年の1文字 »

水泳」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/539802/56346833

この記事へのトラックバック一覧です: ロクテ選手がやったこと:

« 子供たちについて話しました | トップページ | 今年の1文字 »