« 昨日の大雪 | トップページ | 量から質へ »

体罰問題

1月17日(木)

大阪市立桜宮高校バスケットボール部主将の男子生徒が、顧問の体罰を受けて自殺した問題について、橋下大阪市長は体育系2科の募集を中止する意向を強調した。
このことで同校の生徒たちからは「やりすぎ」「橋下市長は分かっていない」と反発の声が上がっているらしい。

「体育科への進学を希望していた中学生がかわいそうだ」と後輩が“とばっちり”を受ける。「体育科は学校の特色で大事な存在。予定通り入試をしてほしい」。
「部活動も活動停止になりみんな困っている。生徒は悪くないはずなのに」。

大阪市教育委員会には、同校に受験を予定している中学生の保護者や在校生、一般市民らから電話やメールが殺到していて、「受験生は悪くないのに影響を受けるのはおかしい」「この時期の中止は受験生の混乱が大きい」「子供たちの夢をつぶすようなことはやめてほしい」

こうした状況に対して橋下氏は、「桜宮高を目指して頑張ってきた受験生、保護者の気持ちはよく分かるが」としながらも、「これまでの生徒、保護者の意識の積み重ねで桜宮高の体育系クラブの伝統が築かれてきた」と主張。「入試をやめて校風、体質をいったんゼロにしないと新しい生徒を迎えるわけにはいかない」と強調しており、あくまでも考えを変えない構えのようだ。

たしかに、受験を目指して頑張っている中学生がいるわけだから、その子たちの夢をつぶしてほしくないね。

そして他の部も活動中止もどうかな?
とかく日本(特に高校生)の部活は何かがあると「連帯責任」という風潮がある。
高校野球なんか良い例だね。一人の生徒のために、他の生徒も犠牲となり「夢」をつぶされてしまうケースが多々ある。

特に今回は教師の問題なのに、生徒までその影響が出てきているのはおかしいのではないかな?
なんて思うね。

« 昨日の大雪 | トップページ | 量から質へ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/539802/56563392

この記事へのトラックバック一覧です: 体罰問題:

« 昨日の大雪 | トップページ | 量から質へ »