« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年7月

7月→8月

7月31日(水)

7月も終わり…明日から早いものでPhoto
8月です。

全国各地で花火大会が目白押しだ。

4ケ月ぶり

7月28日(日)

ひさしぶりに〇カの練習ができた。実に4ケ月ぶりである。
大学生となり、どうかな?って思っていたが…変わりなく安心した。
コーチとしては、〇カはず~と〇カのままでいてほしいものだからね。

さて泳ぐのも久しぶりとのことで、沈まないメニュー?だった(笑)が、予定どおり3000mを超える練習ができた。
当然スピードやパワーはなくなっていたが、思っていたほど泳ぎの崩れがなく…こんな会話。
コーチ:「以前のような悪い泳ぎになっていたかな?と思っていたが、そうでもなく良かった」
〇カ:「良かったぁ~」と言いつつ、思わずガッツポーズscissors
コーチ:「2年間フォームのことを話していたからな」
〇カ:「ちゃんと覚えていたよ」

と、なんやかんだ話しながら一言。
コーチ:「練習だよ、トレーニングではないよ」
〇カ:「…(無言で笑うだけ)」

でも嬉しいですね、そしてやっぱり楽しいですよ、教えることは…。
〇カを教えていると「コーチとしての血」が騒ぐなぁ~happy01

男女混合リレー

7月27日(日)

競泳の新種目「男女混合リレー」の実施が決まった。
国際水泳連盟の総会で、男女混合の400メートルリレーと400メートルメドレーリレーを導入することを決めた。
男女2人ずつの構成で、メドレーリレーの男女配置は自由。

11月開催のFINAワールドカップ(東京)でも実施される予定だ。

マスターズ大会ではすでに実施されているが…とうとう競泳界にも新風。

平泳ぎルール改定案否決

7月26日(金)

国際水泳連盟の総会が、世界水泳の行われているバルセロナで開催され、以前から議案にあげられていた競泳平泳ぎのルール改正案については否決された。
スタート直後に限って自由形やバタフライと同様に15メートルまで潜水でき、その間、複数回のバタフライキックを認めるとした理事会案だったが、反対意見が相次ぎ採決した結果、反対多数となった。これで、スタート後、ターン後とも、1かき、1けりの動作の間に、1回以内のバタフライキックという現行ルールが維持された。

そもそも改正案の発端となったのは…昨年夏のロンドンオリンピック男子100メートル平泳ぎを世界記録で優勝したキャメロン・ファンデルバーグ(南アフリカ)が「3回ドルフィンキックを使った。他の選手もやっている」と後日告白したからだ。
実際、水しぶきが上がるスタート時、審判が水中の脚の動きを判定するのは難しいと指摘されていたという。

しかし、バタフライキックは平泳ぎのけりと大きく異なるだけに、総会では「泳ぎ方の大義を変えてしまう」といった意見が多かった。

ということで、ルール改定がなくなった。
たしかに15mも潜水したら、平泳ぎという泳ぎが根本的に変わってしまうものだった。

7月21日(日)

東京都の国体選考会を兼ねた「都民大会」に競技役員として行ってきた。
役務は「折り返し観察」でしたよ。Img_2560_2
辰巳が工事中なので…都内某プールImg_2562
が会場でした。

記録は低調かな?大会新記録がゼロ。
水深が1.2m、そしてノーマルなスタート台という条件もあるが、一部の競技役員の話だと…レベルが下がってきているとのこと。

まあ~辰巳と比べれば条件が悪いけどね。

全国への道が続く

7月21日(日)

全国大会出場のための予選会が続く。
明日から…全国中学都予選。そして関東高校、JO予選、関東大学(関カレ)と8月上旬まで全国切符を得るための戦いだ。

そんななか、今日のコーチは…国体選考会を兼ねた「都民大会」の競技役員として出かける。辰巳が工事中なので、都内某プールでの大会である。

申し込み終了

7月17日(水)

江東区民水泳大会の申し込み終了。
今年は15名の参加ですが、棄権がなければ…昨年に続いて総合優勝できるかな?Imga3990コーチが教えた選手たちが、今でもマスターズチームとして「力泳」しています。
とても嬉しいことです。

年1回、皆が集まる(都合のつく人だけね…)大会ですが、終わったあとのbeerがうまいです。
いつだったか?そのときも優勝して、優勝カップにビールをそそがれ、飲んだ記憶があります(笑)。

打ち合わせという「飲み会」

7月14日(日)

6/1、6/15…そして昨日7/13と、この1ケ月ちょっとの間に3回も飲み会でした。
しかも3回とも同じメンバーで(笑)。

コーチの高校水泳部、飲みが好きな人たちでした。
そして…某先輩より「ブログにアップしてないよ!」って言われたので、まとめてアップ。

場所は新宿のここ…Img_2421完全個室で良いお店です。新宿駅南口より徒歩2分という近さで、アクセス的にはGood。
店長が「PRして!」って言うもので、これを見た人はぜひ一度行きましょうね。

さて恒例の料理シリーズhappy01

6/1はこれ…Img_2423 Img_2431 Img_2433 Img_2436 Img_2432 Img_2426 Img_2427 Img_2428 Img_2437

6/15は…Img_2447_2 Img_2449 Img_2450 Img_2446
飲みに夢中となの画像少ないweep

そして7/13は…Img_2548 Img_2549 Img_2551 Img_2552 Img_2556 Img_2557 Img_2558

まあ~こんなおいしい料理ばかりです。ちなみに、これがすべてではありませんよ、これ以外もあのますからね。
ところで…見た人は気がつきました?、「おまかせメニュー」ですが同じ料理が出てきませせん。

Img_2446この冷たさsign03水滴がそれを表せていますよ。
気にいったので後日この器をいただいてしまいました。後輩の力です。

今の季節にピッタリlovely
家でも重宝していますよ。

何でこんなに続くかと言えば…
毎年コーチの高校水泳部でOBやOGが集まってのイベントがあるための打ち合わせです。
でも打ち合わせはほんの数分、あとは飲み会です。

こんな水泳部の先輩、後輩にかこまれている自分が嬉しいです。
感謝ですね。

ベスト率100%

7月8日(月)

昨日は始発電車に乗って「横浜国際プール」へ…。Img_2532引率でもありますが、コーチは競技役員。Img_2537 梅雨あけで暑かったが、プールはさらに暑い。辰巳より2~3度高い?。Img_2543結果は…全員ベストタイムhappy01、ベスト率100%good

勲章なき国民的英雄

7月8日(月)

勲章なき国民的英雄/競泳・古橋広之進

 今から60年前の52年ヘルシンキ大会、日本中の期待を背負って出場した「フジヤマのトビウオ」古橋広之進氏は、競泳400メートル自由形で8位に終わった。世界記録を33回更新し、戦後復興のシンボルとなった国民的ヒーローは、結局五輪のメダルを1つも手にすることなく現役を退いた。

 50年の南米遠征でかかったアメーバ赤痢の影響もあった。45日間で20試合、サーカスのような転戦。各国の日系人から歓迎され、水泳ニッポンの「顔」は休むことも許されなかった。その後も体調は戻らず、52年の選考会は得意の1500メートルを回避し、400メートルも3位での代表入りだった。

 古橋氏とともに戦後の水泳界を引っ張った橋爪四郎氏(83)は「ヒロさん(古橋)にメダルをとらせたかった」と話す。悔やむのは800メートルリレー。アンカーで米国に逆転され、2位に終わった。橋爪氏は「なぜヒロさんを使わなかったのか。200メートルなら泳げた。金メダルがとれた」。もちろん、エース起用案もあった。藤田明監督は五輪後の水連機関誌で「好調時の古橋ならアンカーを任せて勝てただろう。400メートル自由形予選で判断した」と苦しい決断を振り返った。

 日本選手団主将として国民の期待に応えられなかった古橋氏は、責任を感じていた。帰国のバスに全員が乗り込んでも、1人だけ部屋に閉じこもった。「やるだけやったんだ、帰ろう、と30分ぐらい説得した」と橋爪氏。盟友を気遣った同氏は、1500メートルで獲得した銀メダルを1度も表に出さなかったという。

 その後、古橋氏は競泳チーム主務、コーチ、監督、さらに日本選手団団長や国際水連役員として、08年北京まで五輪にかかわった。戦後、日本が参加した14大会すべてに参加したのは、同氏だけだ。48年ロンドン大会は出場が認められず、52年大会は結果を残せなかった。五輪に恵まれなかったからこそ、古橋氏はその後の人生を五輪にささげたのかもしれない。

~日刊スポーツより抜粋~

コーチが教えた選手に「タカシ」がいるが…彼が尊敬する人は古橋さんです。
どうですか?タカシ、古橋さんという方はこんなんだったのですよ。

否定的&肯定的

7月5日(金)

気がつけば、もう7月も5日がすぎようとしている。
1年の半分が終わったんだなぁ~なんて思うのと、まだ半年あると思うのでは、意味が違う。

否定的な考え方と肯定的な考え方の違いだな。
コーチは選手を教えていたときは、この否定的と肯定的の違いを話していたものだ。

どうしても否定的に考えてしまう。
どうしても前向きに思うことができない。
どうしても失敗することを考える。

だから…

言葉もそうなるんだな。

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »