« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月

10種目出場

10月24日(木)

ロンドンオリンピック400メートル個人メドレー銅メダルの萩野公介選手が、第45回ジュニア優秀選手招待公認記録会(11月21~24日・東京スイミングセンター)で10種目出場するらしい。2個の銀メダルを獲得した今夏の世界選手権では7種目に挑戦したが、今回はもちろん本人自己最多である。
また、ワールドカップ(11月9、10日・東京辰巳国際水泳場)では、バタフライや1500m自由形にエントリーするらしい。

10種目?。予選、決勝で20レースですよ。
これはもう「スーパーマン」ですね。

1日3レースで「だめだ~」「もたない」って言っている皆さん、比較になりませんよ(笑)。

地震予想

10月22日(火)

台風一過が危ない…第一人者が警告「10・24までに首都圏地震も」「今月24日までに、首都圏M7.5、震度6、7規模の地震が起きる」――。地震雲研究の第一人者が、緊急警告だ。

~日刊ゲンダイより抜粋~

 大地震の予測を出したのは、北陸地震雲予知研究観測所の上出孝之氏。30年以上地震雲の観測を続け、スマトラ沖地震(04年、M9.3)や四川省地震(08年、M8.0)の発生などを予知し、2年半前の3・11直前の三陸沖地震も的中させた。
 今回も上出氏は帯状の巨大な地震雲を観測。08年の四川省地震の直前に出ていた地震雲と、形や大きさがよく似ていたという。

「今月9日の午前9時から午後3時の間、自宅から見て南西の空から北東にかけて発生していました。私の蓄積データや経験則から、この方角に地震雲が出ると、かなりの高確率で、東京湾から福島沖の範囲、つまり関東全域と福島県の間で地震が起きています。発生した地震雲が四川省地震と同じくらいの規模だったことから、今回はM7.5(±0.5)の地震が起きる可能性がある。地震雲の発生から2週間程度は、要注意。震度6~7の揺れを警戒してください」

<重なる不安要素>

 12日未明には、茨城県北部と南部で震度4の地震が起きた。関東周辺の地震は収まる気配がないだけに心配だ。さらに、上出氏は続ける。

「関東大震災の直前が大嵐だったとの記録が残っているように、私が調査してきた過去の統計から見ても、台風の後や満月の前後は大きな地震が発生しています。今週は、16日に台風26号が本州に接近すると予報されており、19~20日は満月。不安要素が重なっているだけに、なおさら注意が必要です」

 上出氏の一連の地震予知は、マスコミや関係自治体に発信されている。昨年1年間は48回の予知のうち42回が的中。今年(10月14日現在)は31回中24回も的中させているという。それだけに侮れない。心構えはしておきたい。

う~ん、なんとなく不安だな。

平泳ぎ

10月21日(月)

すっかり秋の気配を感じるこの頃、少し水泳談義をしよう。

コーチにとってこの数年は平泳ぎの選手の指導が多かった。別に平泳ぎの選手を…というわけではないが、結果的にそうなったらしい。

平泳ぎはとても繊細だ。
タイミングやリズムが少しでも狂うとタイムが出なくなる。
ごまかしがきかない泳ぎである。

そして推進力を出すには、ストリームラインをしっかり作り、そのためにも「体幹」を強化しなくてはならない。
キック後のストリームラインがしっかりできるかがポイントだな。

そんな泳ぎをしているのがこれだ。
レース全部の水中映像はめずらしいぞ。
とても参考となるな。

特にキック後にスーっと伸びるのがスゴイね。
良かったらどうぞsign03
http://youtu.be/3sjjv-vNExs

世界新記録

10月20日(日)

久々の書き込み…水泳ネタが少ない(笑)。

さて競泳ワールドカップが開催しているなか、ドバ゛イ大会で日本チームが…

男女混合200mフリーリレー
日本(塩浦慎理/赤瀬紗也香/伊藤健太/渡部香生子) 1:32.52①短水路世界新
*スプリット(21.63/25.28/20.70/24.91)

という記録を出した。

男女混合リレーは今年から正式種目となったが、素晴らしい記録ですね。
引き継ぎとはいえ、伊藤選手の20秒台、渡部選手の24秒台が光っています。
あれ?渡部選手はスタイルが平泳ぎですよ。フリーもなかなかやるねぇ~。

もう一度見たいオリンピックシーン

10月12日(土)

またまた2020年東京オリンピックの話題…

JOC(日本オリンピック委員会)が、「もう一度見たいオリンピックシーン」についてアンケートを行った。
その結果は…

【アンケート集計結果】 
■もう一度見たい過去のオリンピックシーンは?
<大会別ランキング:上位10項目>
1位:東京(1964)11,743票
2位:ロンドン(2012)9,692票
3位:アテネ(2004)5,599票
4位:シドニー(2000)4,980票
5位:ロサンゼルス(1984)4,355票
6位:北京(2008)3,208票
7位:長野(1998)3,034票
8位:バルセロナ(1992)2,248票
9位:ソウル(1988)1,017票
10位:アトランタ(1996)994票

<競技/種目別ランキング:上位10項目>
1位:バレーボール 23,016票
2位:陸上競技 17,751票
3位:体操競技 13,967票
4位:柔道 7,350票
5位:競泳 7,316票
6位:ソフトボール 4,090票
7位:サッカー 3,618票
8位:フィギュアスケート 2,386票
9位:レスリング 1,924票
10位:フェンシング 1,848票

<選手別ランキング:上位20項目>
1位:北島康介(水泳・競泳)9,386票
2位:高橋尚子(陸上競技・マラソン)8,768票
3位:東洋の魔女(バレーボール女子日本代表)5,278票
4位:山下泰裕(柔道) 4,101票
5位:岩崎恭子(水泳・競泳)3,546票
6位:谷(旧姓:田村)亮子(柔道)3,480票
7位:内村航平(体操競技)2,626票
8位:鈴木大地(水泳・競泳)1,964票
9位:カール・ルイス(陸上競技)1,924票
10位:円谷幸吉(陸上競技・マラソン)1,778票
11位:吉田沙保里(レスリング)1,702票
12位:ナディア・コマネチ(体操競技)1,503票
13位:アベベ・ビキラ(陸上競技・マラソン)1,439票
14位:荒川静香(フィギュアスケート)1,320票
15位:有森裕子(陸上競技・マラソン)1,013票
16位:太田雄貴(フェンシング)855票
17位:ウサイン・ボルト(陸上競技)816票
18位:古賀稔彦(柔道)805票
19位:なでしこジャパン(サッカー女子日本代表)768票
20位:野村忠宏(柔道)623票

■2020年の東京オリンピック開会式に登場してほしい歌手は?(上位20項目)
1位:サザンオールスターズ 8,939票
2位:嵐 7,482票
3位:EXILE 6,820票
4位:SMAP 5,956票
5位:ゆず 3,760票
6位:DREAMS COME TRUE 3,167票
7位:AKB48 3,057票
8位:宇多田ヒカル 2,952票
9位:B'z 2,840票
10位:和田アキ子 2,336票
11位:MISIA 2,240票
12位:Mr. Children 2,146票
13位:由紀さおり 2,114票
14位:秋川雅史 2,063票
15位:福山雅治 2,015票
16位:北島三郎 2,010票
17位:桑田佳祐 1,944票
18位:いきものがかり 1,888票
19位:氷川きよし 1,876票
20位:安室奈美恵 1,814票
※このアンケートは、実際の開会式に登場するアーティストを決めるものではありません。

北島選手が一番です。やっぱり印象が強いですね。

目標は金メダル複数

10月10日(木)

以前なら今日は体育の日(笑)。と言っても、わからない人が多いか?
そうです、1964年の東京オリンピックが開会された日ですよ。

そんな今日は…2020年の東京オリンピックの話題。

日本水泳連盟は9日、2020年東京オリンピックに向けた競泳日本代表チームの目標を発表した。昨年のロンドンオリンピックでゼロに終わった金メダルを「複数」と設定。さらに、総合力が問われる400メートルメドレーリレーも「金メダル」を目標に掲げた。
目標は全部で6項目で、他は▽メダル総数で2桁▽自由形種目でのメダル獲得▽29種目以上決勝進出▽58種目フルエントリー。2016年リオデジャネイロオリンピックでも、この目標への接近を目指す。7年後に向けての目標発表は異例だが、上野広治・水連競泳委員長は「(東京五輪までの)7年間かけて、一歩ずつ前進していきたい」と、早期に公表した意図を説明した。
また、2015年世界選手権(ロシア・カザン)での競泳個人種目優勝者に、リオデジャネイロオリンピックの代表内定を出すことも決定。来年のアジア大会(韓国・仁川)とパンパシフィック選手権(オーストラリア・ゴールドコースト)の代表選考会を、日本選手権(4月)とジャパンオープン(6月)の2大会とすることも併せて発表した。

毎日新聞より抜粋~

もう7年後の話題ですよ。

7年後の話だが…

10月5日(土)

日本水泳連盟は2020年東京オリンピックの代表選考会で独自の派遣標準記録を設定せず、国際連盟が定める五輪参加標準記録を上回った選手1種目最大2人を代表に選ぶ方針を固めた。少数精鋭主義を転換し、全種目エントリーを目指す。泉正文副会長は「自国開催なので多くの選手を出したい」と話す。
日本水泳連盟は2004年アテネ大会以降、国際水泳連盟が定める参加標準記録より厳しい独自の派遣標準記録を設定。代表選考会でこの記録を上回り2位以内の選手を個人種目の代表に選んでいた。ロンドンオリンピック代表選考会では個人26種目の優勝者は全員が国際水泳連盟の参加標準記録を上回ったが、日本水泳連盟の派遣標準記録を上回ったのは15種目だった。
2016年リオデジャネイロオリンピックについても経験を積むため、派遣標準記録を緩和し代表を増やすことを検討している。

~朝日新聞より~

日本開催ですからね。

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »