« 辰巳杯 | トップページ | 目標は金メダル複数 »

7年後の話だが…

10月5日(土)

日本水泳連盟は2020年東京オリンピックの代表選考会で独自の派遣標準記録を設定せず、国際連盟が定める五輪参加標準記録を上回った選手1種目最大2人を代表に選ぶ方針を固めた。少数精鋭主義を転換し、全種目エントリーを目指す。泉正文副会長は「自国開催なので多くの選手を出したい」と話す。
日本水泳連盟は2004年アテネ大会以降、国際水泳連盟が定める参加標準記録より厳しい独自の派遣標準記録を設定。代表選考会でこの記録を上回り2位以内の選手を個人種目の代表に選んでいた。ロンドンオリンピック代表選考会では個人26種目の優勝者は全員が国際水泳連盟の参加標準記録を上回ったが、日本水泳連盟の派遣標準記録を上回ったのは15種目だった。
2016年リオデジャネイロオリンピックについても経験を積むため、派遣標準記録を緩和し代表を増やすことを検討している。

~朝日新聞より~

日本開催ですからね。

« 辰巳杯 | トップページ | 目標は金メダル複数 »

水泳」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/539802/58327063

この記事へのトラックバック一覧です: 7年後の話だが…:

« 辰巳杯 | トップページ | 目標は金メダル複数 »