水泳

水泳界の話

6月13日(金)

梅雨の時期に入り、雨降りが続くrain
今日も帰る途中に急な雨…午後11時すぎです。

さて、久々に水泳界のお話ですよ。

北島康介選手(31才)が、東京都水泳協会の理事に就任することになったという。
東京で開催される2020年東京オリンピックに向けて選手の発掘や育成に力を入れる方針のひとつである。北島選手は競技を続けながら会社も経営していて、今後は多方面での分野での助言に期待しているらしい。

ついこの前は日本水泳連盟会長に鈴木大地氏が就任したが、日本マスターズ水泳協会の会長に、1984年ロサンゼルスオリンピックと1988年ソウルオリンピックの男子平泳ぎ代表で中京大水泳部監督の高橋繁浩氏が選出された。理事には1992年バルセロナオリンピック女子平泳ぎ金メダルの岩崎恭子さん、2000年シドニーオリンピック女子代表の萩原智子さんが選ばれた。

何かと水泳界も変化しつつあるね。

コーチ冥利につく

3月19日(水)

中学、高校と水泳選手だった女の子が大学になり、大学院を卒業した。大学、大学院では水泳のバイトをしていて、指導で悩んだときには連絡があり、アドバイスをしてあげた。

その子が旅立つ今、メールをもらった。
コーチがその子に教えたことや話したことについて、感謝の気持ちでいっぱいだった。
内容を読んで嬉しくてコーチ冥利につきた。

049_3その子が高校生の時に、目標としていた記録を突破したレースです。

当時を思い出します。
ある日その子と水泳について「何秒出したいんだ?」と話したところ、その子は「〇〇秒を切りたい!」って言いましたね。
コーチは言いました。「絶対に切らしてあげるよ。そのためには何をしたら良いか考え、コーチの練習に耐えることだよ。」と約束した。

結果は…突破しました。
レース後は泣きまくり(もちろんうれし泣きです)。夢でもあったタイムを出したんだからね。
隣にいた子ももらい泣きだったよ。

その子からいただいた感謝の言葉です。感謝ということを素直に感じてください。

コーチが迷ったときはやるって教えてくれたから…中略…バイトも勉学でも苦しいこと辛いことがあってもあきらめずに続けてこれたのはコーチの教えがあったからだよ!ほんとに!
私はコーチに出会って、タイムを切るっていう目標、切れたときの達成感を高校生のときに経験して人生が変わったのかな。でないと大学生になっても水泳指導のバイトもしていなかったかも。
生き方を教えてくれてありがとう!。

泣けてくるね。

 

 

競泳競技役員資格更新講習会

3月19日(水)

更新を怠っています…(反省)。
年度末ゆえ収支や次年度計画やいろいろあり、日々奮闘中です。

さて…日曜日は、
「競泳競技役員資格更新講習会」でした。
四月から一部競泳ルールの解釈について改定があり、チョビッと変わる点もあります。
例えば、〇コースと言っていた言葉が〇レーンとなるとか、平泳ぎのゴールタッチ前の水没やキック動作についてとか…。

また、背泳ぎ用のスターティングブロック導入もありましたね。
でもこれは大変ですよ。レースごとに競技役員が取りはずしとか設置とかで、けっこう重いようです。

200mリレーの世界記録公認は、長水路はあるが短水路はなしとか、混合リレーの第一泳者の記録は公認されないとか…ですね。

まあ~前回ほどの改定はなかったな。

ということで、四月からは少し注意することもありましたね。

日本選手権(25m)

2月16日(日)

昨日と今日は辰巳で日本選手権(25m)…降雪のなか無事終わりました。

感想は、日本体育大学勢強し!!です。
IMの藤森兄弟、大塚、中村
Baの赤瀬
Brの小関
まだまだいますよ。

4月の日本選手権(50m)が勝負です。

EXILE

2月7日(金)

またまた久しぶりですが…

入江陵介選手がEXILE入りをしようとしていたらしい。

彼のツィターより…
「ここだけの話…EXILEの新パフォーマーオーディション受けようとしてた。
あんまり踊れないけど…。笑」

単独チームが日本新記録樹立

1月27日(火)

なんだかんだしているうちに、今年も1ケ月も終わる。
もしかしたら今年2回目のブログかな?

久しぶりの水泳ネタ…

1月26日に行われた競泳の浜名湾長水路選手権(浜松市総合水泳場)の男子200メートルメドレーリレーで自衛隊チーム(高桑健、岡崎晃一郎、川口侑太、川内勇輝)が1分39秒52の日本新記録を樹立したとのこと。
従来の記録は2006年8月に日本選抜(森田智己、北島康介、山本貴司、細川大輔)が出した1分40秒01。この豪華な顔ぶれを見ると懐かしいでしょう。そして北島以外は引退しているね。すごいメンバーです。その記録を単独チームが更新したことは素晴らしいことですよ。

引退が続く

12月6日(金)

加藤ゆか、寺川綾に続いて上田春佳も引退表明した。
これでロンドンオリンピック400mメドレーリレーで銅メダルを獲得したメンバー3名が引退したことになる。
日本競泳界にとっては、かなりの戦力ダウンとなるな。

オリンピツクがひとつの節目となっているようだ。

でも男子選手は頑張って現役続行だ。

寺川 綾が引退…

12月3日(火)

するようだ。

記憶に新しい、ロンドンオリンピック競泳女子100m背泳ぎと400mメドレーリレーで銅メダルを獲得した寺川綾(29)が現役引退の意向を固めたらしい。明日(4日)に記者会見を開いて発表するとのこと。

北島康介が現役続行を決めた直後にまた一人、日本を代表するスイマーが引退しますね。
29才ですので結婚も近いのかな?なんて思うのはコーチだけか。

悔しいです

11月17日(日)

11月3日に参加した東京年齢別水泳大会の記録を整理していて気がついた。
ユカが泳いだ50m平泳ぎ…

大会記録まで、あと0秒1だった。sad

予想以上のタイムで泳いだが、現状を思うと大会記録なんて考えてもいなかったな。
今思うと、出してあげたかった。

悔しいですよweep

やっぱ速い

11月15日(金)

今や水泳界の星…「萩野公介」選手。
活躍は皆さん知ってのとおり。

では萩野選手は小さい時のタイムはどうだったのか?
ということで…

小3の時のベストタイム

50m背泳ぎ
31.27

50mバタフライ
31.35

200m個人メドレー
2:28.05

う~ん、やっぱり速いな。

より以前の記事一覧